車買取り ローン

車買取りはローンが残っていても大丈夫?

車を購入する時に自動車ローンを組むという人は多いと思います。
しかし、中にはまだローンが残っているけど車を売りたいという状況も出てくるでしょう。

 

ローンが残っている車を買取りしてもらうには所有者が自分になっている必要があります。
「自分が乗っている車だから俺の物に決まってるだろ!」と思われるかもしれませんが、
自動車ローンを組んでいる場合は所有者が信販会社やディーラーになっていることもあります。

 

もちろん必ずではありませんが一度確認してみましょう。
ではどこを見て確認するのかというとこれは車検証の所有者の欄を見ればわかります。

 

もし所有者の欄が信販会社やディーラーの場合は第三者に車を売ることはできません。
ただもちろんどれでも売る方法はあるのでその状態では売れないということです。

 

所有者が自分になっている場合はローンが残っていても車を売ることができます。

 

所有者が信販会社やディーラーになっている場合はどのようにすれば車を売れる状態に
持ってこれるかというと所有者を自分にするために自動車ローンの残りを清算する必要があります。

 

自動車ローンの清算が完了すれば、名義変更に必要な書類を発行してもらうことができるので
所有者を自分に変更することで車を売ることができるというわけです。

 

所有者が自分になっていない場合で、今すぐにローンの残りの分を払えない場合でも諦めないでください。
車買取専門業者を利用すると、その車を売るということを前提に、残っている自動車ローンを一旦立て替えて
支払いをしてくれて手続きも無料でやってくれることがあります。

 

そして、その車の査定額が立て替えてもらった自動車ローンの残債よりも高くなれば差額を受け取ることが
できますし、低くなればその差額を支払う必要があります。

 

通常の車買取りでももちろんそうなのですが、ローンが残っている場合に車を手放す時には
よりシビアになって高額買取りをしてくれる業者を選ぶことをオススメします。

 

車検切れの買取でも高額査定?訳ありの車でも高額査定の可能性のある一括査定はコチラ>>>

ホーム RSS購読 サイトマップ