車査定と修復歴

車査定と修復歴の関係

車査定と修復歴の関係

車に限らず、物を売るという場合、その物の状態というものが非常に大きなポイントを占めます。
車であれば、事故歴があるのか大切にのっているのか、
どのぐらい走っているのかということがポイントになるのは有名ですよね。

 

今回は車査定と修復歴の関係というものをご紹介しておきたいと思います。
まず、修復歴という言葉からわかるように、壊れたところを治した履歴ということを指し示します。

 

ただし、軽微な手直し等を修復歴というのではなく、いわゆる「事故車両」の修復ということを修復歴といいます。
ですから、ウインカーがつかなくなった、ターニングベルトがおかしいなと点検してもらって治してもらうというようなことは
車査定と修復歴の関係ではあまりきにせずともよいといわれています。

 

 

一方で、事故による修復となると大幅な減額査定になることを特徴としており、
車の根幹となる部分の修復をしている場合より減額査定幅が大きくなります。
主に車のベースになる部分の修繕ということになるのですが、
すべての業者さんが統一された基準を用いているわけではないということには少し注意が必要でしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ